スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.05.16 Saturday | - | - | -

・アメリカの彼女? 

*今回の記事を載せるに当たりましてたくさんの励ましを頂きました。
私の文章能力が乏しいあまりにもっとこう伝えたい、まとめたいと
思いつつも結局どうにもうまくまとめることが出来ず
ツメが甘い状態で今回この記事を更新してしまったので、
正直少し後悔の念が残ったくらいだったのです。
ですが、
翌日にはこうしてみなさまに
こんなに勇気付けられるコメントをたくさん頂戴するとは
思ってもなかったので
ワタクシものすごく感激しておりマス!!。
本当に私はしあわせものだと、
そしてみなさまに支えられているのだと
再認識しました。
そしてこんなモル飼いシロウトが作っているのにも関わらず、
いつもスイリーブログをご覧頂きましてありがとうございます!

こ、、これからもこんな
ダメakoとスイリーを宜しくお願いします!!     2008/11/16(追記)




1




我がスイリーに

アメリカの20歳のお嬢さんから

U−Tube経由で

こんな熱烈ラブレター手紙をいただいた。



I love your Piggy.
I love the way she takes the little piece of food from your hand.
She is so cute. Please put up more videos of your Piggy.
I realy enjoy watching. Thank you.

Hallo is so cute.
I love his little fingers. And he has the brightest eyes!
So very sweet.

My piggy Booboo would fall in love with your piggy Hallo.
He is so cute! I love your videos.
Thanks for sharrng.






3























えと、ざっとテキトーに訳すと、、、

要は、、


「アナタの子豚ちゃんてばチョーカワイーハート!!

手も足もチョーカワイー!!

スウィート ドーナツドーナツ♪♪

ワタシの子豚ちゃんが

彼に出会ったらLOVEしちゃうはずヨっ!

これからもドンドン動画映画見せテネッ♪。」




って書いてくれた。(そんな感じ。)


う、うれしいじゃないの(嬉)LOVE



ブタしかし、、、
そう言えばブタなんだった(笑)。
そういや、
日本では呼び名はただ一つ、
「モルモット リャマだもんね。
でもピギー、、、
子豚ちゃんってぴったり〜 ブタ





2




実は、、、

スイリーの飼育環境について痛烈な批判コメントを

頂いている時期があった。


ネットって楽しいけど、

世界中の人と繋がっているってことは、

いろいろな考えもある、

そして賛否両論の中にも

いろいろな意見があり、

相手の考え方を強要する、

求められるような事があることも

日本から外に出ると

さらに意見の幅は無限大で、、。

自ら身をもって知ることとなった。




右の長いおひげが1本だけシュルッと左側にカーブしてるのがポイント♪4
























幸いかな、

相手方のオバチャンからは

モチロン英文なので

日本語で書かれて送りつけられるよりかは

いくぶん威圧的ではないものの、

逆にその奥の先にある世界が視えない分、

まったく恐怖を感じなかったわけでもなかった。(←強がり。)




5




現在はもう終結?したけれど、

モル飼い暦ウン十年らしい

アメリカ人オバチャン(45歳)

強要又脅迫は正直言って

だいぶきつかった。(←本心)


文字から発せられる影響力は

良い面でも悪い面でも同じように大きいのだ。





ブブー。ざんねんながら大きすぎて食べられません。ママもムリ。
6























このスイリーブログは

特に楽しい話だけを書こうと決めているので

アメリカ人おばはんの話は

もうこの辺にしておくけれど、

そんなわけで、

上記のような熱烈ラブレターを頂くと

これまた

嬉しさもひとしお♪。






7























というか、

ただただうれしい♪

缶詰みかんでもなにか

送っちゃおうかしら♪ってくらい(笑)。




でもね CAT

忘れちゃいけないのは

ここで出会った皆さまに


ワタシ自身、

ものすごく支えられているってコト。



大切にしなくてはと、

このsweetコメントをもらって

再認識したのです ますブタ




スイリーと共に感謝しております♪♪ 8




みなさま、

いつもありがとう メガネ

そしてこれからも

ワタシメガネスイリーモルモットをいつまでも

見守ってくださいませ♪(笑)。




2008.11.15 Saturday 09:06 | 日記。 | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.05.16 Saturday 09:06 | - | - | -

Comments
私もakoさんはじめ皆さんにすっごく支えてもらってます!!
特に病気になってからは励ましのコメントを頂いたりして、
何だか1人でうにを育ててるんじゃないみたいな
気になってしまって、とてもパワーもらってます!!
そのアメリカおばさんはすっごくモルが好きで大事に思ってるあまり、
自分の価値観を人に押し付けようとしちゃったんでしょうかね?
ま、いろんな人がいますよねー。。

ネコリラ | 2008/11/15 12:52 AM
ものすごく辛い思いしたんだと思います。
akoさんは優しい人だから心配させないようにと
柔らかく書いてくれているけど
相当ストレスもあり、恐怖もあったでしょ・・・
大丈夫?
そりゃ、私もakoさんもモル歴はそのおばちゃんには負けてるけど、愛情は負けてません。
きっとそれがおばちゃんにも伝わったから
終結?したのかな。
私もケータイ小説書いてると、やはりネット社会の恐ろしさを感じる時もあります。
でも、その100倍、支えてもらったり
幸せをもらったりして、こうしてモンちゃん兄弟の様子も見れるわけで。
頑張っていきましょうね!!
reY | 2008/11/15 1:05 AM
*ネコリラさん*

おっ♪
自分のところでお会いするのもなんだか
不思議ですな♪♪

いつもげんきな姿のなかで、
すこしでも「、、ん?」っと
気がかりな部分を見つけてしまうと途端に
飼い主一人パニックに!!!
1分1秒を争う自体なのかもしれない、。
なんて思い始めると止まらなくなる、。

スイリーのゆるゆるウンチ事件や
スナネズミの1匹の婦人病など
ひとりオロオロしていたとき、
みなさまに助けられているのだと
そこでも感謝するってわけでした(笑)。

アメリカのおばさんは、
ワタシがしかとしていたら次第に
話がエスカレートしていって動物虐待っ!
みたいなことを仕舞いには
言い出したので、そこでやっとわたしから
コメント返事をおくったのでした、。

だってネイティブの人に対して
鼻息荒く対抗出来ないですモン。

負け戦なんて、、。
数日逃げていたら
気づけばオバチャンてば
エライコト言い出したぁ〜(汗)って
わけでした、。


ははは、。

ako | 2008/11/15 1:16 AM
*reYさん*

なんだか励ましてもらっちゃって
スイマセン、、(嬉)。

当時はパソのメールチェックするのも
怖かったです、。

おばはんてば忘れてくれればいいのに、
これまたしつこくって、、、(疲)。

先日、
「すんませんでした、気をツケマス、。」
メールを送っておきました。

で、、終結してくれたのだと
思ってますケドも、、(汗)?!

あれからもうメールがこないので
オバハンの気が済んだのでは、。

まったく、どこの国にも
おせっかいなおばはんは
万国共通どこでも居るんだワ、、ネ。

ホント勉強になりました、(笑)。


reyさんもちょっとショックな体験、
されたのですね、。
でもネット社会のおかげで
こうやってモル友達や兄弟の絆を深めることが
出来たんだもの♪。

幸せですね♪♪










ako | 2008/11/15 3:48 AM
ぬわ〜!そんな事があったのですね。
それは辛かったでしょう。。。
海外サイトを見てても、日本でも
モルの飼育法も考え方も様々。人それぞれですね。
何が正しくて何が駄目なのか、まだまだ分からない点だってあるし、モルのこと以外でも自分の考えが正しいと思い込んでしまうのって、ちょっと・・・ですよね(´(エ)`;)
私もショップをしだしてから、辛い経験もありましたが、akoさんを含め、素晴らしいお客様に恵まれていて、いつもいつも感謝しています(*´∀`嬉)
スイリー君のこのお顔を見れば、幸せだってこと、伝わってくるはずなのに、アメリカのおばさんにはそれが分からなかったのでしょうね。
でもアメリカのおばさんも、モルを愛してるという点では同じ♪誤解が解けて、言い過ぎたことを反省してくれてるといいな〜
なずな | 2008/11/15 10:29 PM
*なずなさん*

ワタシが
えぇと、、、(苦)っと
伝えたいこと、
どうやって文章にしたらいいのか
悩んでいたほんの少しの時間ですら
今ではわらってしまうくらい、
みなさんにも
なずなさんにも
うまいぐあいに説明&コメント
していただけて
恐縮しちゃいマス(涙)。


そそそっ!!
ホント、。
そうなんですよ!!
おばさん流の徹底した根拠のある飼い方が
あるんでしょうけれど、
それに対してワタシのスイリーゲージの床が
メッシュ状の作りが気に入らなかった、
んですっテ、。

ワタシだって現在のようにフラットの床面で
飼育したかったのです。
ホントは
付属で付いていたメッシュ床を
そのまま使うこと、
ホントは不本意だったのですが、
イカンセン、
当時は梅雨から夏時期だったので、
ドコでも排泄する→「衛生面第一」!!
だった当時は
とにかくウンチッコを
スイリーの体から
なるべく早く離らかしたいっ!!
その一心でした。

「足を挟んではこんな細い骨なんて
簡単に折れてしまうのよ!!
アナタはそれをどうして分からないの?!
動物虐待だわ!!」などど
数回送られてきて
どうしたものかずいぶん悩みました。

あいにくワタシの英語力は達者であれば
おばちゃんと戦ったのですが、
悲しいことに幼稚園児並みなので
沈静化するのを待ったのですが、
なかなかオバサンの熱は収まらず、
加速するばかりで、、
参りマシタ、。


先日、急にトイレを
覚えてくれるようになったので
簡潔にメッセージをオバサンへ
送っておきましたところ、
返信されてこないので
なんとか“終結”してくれたのだと思います(疲)


ホント、
いろんなヒトが居ますよね。
ネットを使うようになって世界が広がった分、
悲しいこともあるのですね、。
かといって親切にしすぎても
そこに付け入るヒトもいて、、。
オトナになっても学ぶこと、
まだまだたくさんあるもんデス(笑)。


なずなさんの
こんなに熱心なモルサポートハートは
日本中ドコ探しても
誰よりもナンバー1デスっ!!
ってのに、、、(怒)

そんななずなさんに
いちゃもん言ってくる人いるだなんて
連れてこーイ!!(憤)!!

あ♪ながくなってしまいましタ、(焦)。
ako | 2008/11/16 1:24 AM
Post a Comment.
 
Trackbacks
Trackback URL :